What's new!
2017.04.27 イベント情報, ゲストイベント情報追加
2017.04.24 ピックアップ情報更新
2017.03.29 The トリコトロール & THE MEANS 1st MINI ALUBM レコ発!九州TOUR 大分のイベントリポート追加
2017.03.22 FREEDOM 12th ANNIVERSARY!!!のイベントリポート追加
2017.03.21 スタッフブログ追加
2017.02.06 アーティストインタビュー追加
SC-RECS(管理人別サイト 週3回更新), 九州のクラブ・レコードショップ情報, 機材情報など随時更新中♪
イベント開催予定カレンダー↓「日付 / イベント名」→「詳しくはコチラ」をクリックすると詳細ページに遷移します♪


2017-05-20

CLUB MUSE Renewal Anniversary GUEST : GOTH-TRAD

2017.5.20(sat) 22:00- @CLUB MUSE 大分県大分市都町2-3-6 東洋会館4F
前売 1,500円 / 当日 2,000円 ※1ドリンクオーダー
■前売チケットはCLUB MUSE・出演者・関係者からご購入下さい。また、 メール(info@sc-recs.com) にて事前予約も可能です。

Special GUEST : GOTH-TRAD (DEEP MEDi MUSIK / Back To Chill) www.gothtrad.com

Guest DJ : Shigeharu (DSA DUB from Fukuoka)

DJ : NIWA, Ibizarock, ... & more!

SOUND : CENTURY, SPIRAL CASE

MACHINE LIVE : KG




About "GOTH-TRAD"
ミキシングを自在に操り、様々なアプローチでダンス・ミュージックを生み出すサウンド・オリジネイター。2001年、秋本"Heavy"武士とともにREBEL FAMILIAを結成。ソロとしては、2003年に 1stアルバム『GOTH-TRAD I』を発表。国内でソロ活動を本格的にスタートし、積極的に海外ツアーも始める。2005年には自作楽器・エフェクターを駆使した実験的な2ndアルバム『The Inverted Pes Dance Floor』を発表。『Mad Raver's Dance Floor』に収録された「Back To Chill」がロンドンのDUBSTEPシーンで話題となり、2007年にUKのSKUD BEATから『Back To Chill EP』、DEEP MEDi MUSIKから12"『Cut End/Flags』をリリース。8カ国に及ぶヨーロッパツアーの中では、UK最高峰のパーティーDMZにライブセットで出演し地元オーディエンスを沸かした。以降、国内外でリリースを続け、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニア等、毎年世界中でコンスタントにツアーを重ねる。2012年には待望のアルバム『New Epoch』をUKのDEEP MEDi MUSIKからリリースし、Fuji Rock Festival 2012に出演。2011年~2014年にかけて、数々の欧米ビッグ・フェスにも出演する。2015年、再びダブプレートをカットし始め、完全にVinyl OnlyのDJスタイルにシフトする。アンダーグラウンドシーンで注目を集めるノイズコアバンド"ENDON"のリミックスを手がけ、同年5月にはMerzbowのリミックスと共にスプリット12"がDaymare Recordingsよりリリース。12月には日本が世界に誇るバンド"Boris"とのコラボレーションイベント"Low End Meeting"を代官山UNITにて開催し、共作"DEADSONG"を披露。 サウンドシステムを導入した、超重低音かつ実験的なアプローチのライブが話題となった。記念すべきBACK TO CHILL10周年を迎えた2016年、待望のニューアルバム"PSIONICS"のリミッド ・ダブプレートバージョンを特別会員限定でリリース。 2017年には通常版"PSIONICS"のリリースを控える。

About "Shigeharu"
THE WHOやThe Velvet Undergroundなどを好んで聞き育ち、その後 60's modsカルチャーに衝撃を受ける。 間も無く70's、マンチェスタームーヴメント、シューゲイザーの影響を受け、軽いバンド活動を経て 2000年に福岡・北九州を中心にDJ活動をスタート。 2009年頃よりBass Musicへ傾倒。dubstepを軸にtechno/dub/breakbeats/noise/abstract/R&B等を呑み込み、 クロスオーバーな選曲・展開で吐き出すlong mixが特徴。wet & rizm。 dubstep area、UNDERCURRENT等の レジデントDJを務め、現在自身では “ DSA DUB at The Dark Room ” “null” を主催している。 湿り気と影のある音場を創り出すのが得意ではあるが、実際のところ彼は奇跡の晴れ男である。

ジャンル : Dubstep, D'N'B, Techno, Dub, etc... 内容 : DJ & LIVE

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...