2014年10月23日木曜日

The Geordie Approach JAPAN TOUR 2014 in Oita

2014.10.23(thu) 19:30- @ATHALL 〒870-0035 大分県 大分市中央町2-6-4
前売り・予約 2,500円 / 当日 3,000円
Info : https://www.facebook.com/events/356844651148146/

出演 : The Geordie Approach, The Lunarians

The Geordie Approach http://thegeordieapproach.com
ザ・ジョーディー・アプローチ(The Geordie Approach)は、ノルウェー人ミュージシャンのピーター・フロスト・ファドネスとストーレ・ビルケランドが、イギリス北東部の「ジョーディー」出身のギタリスト、クリス・シャーキーと結成したエクスペリメンタルでいてスリリングな演奏が持ち味な本当に魅力的なトリオだ。妥協を許さず、実験を愛する三人は、即興の自由な枠組みの中で音楽を追求し、驚くほど多彩な要素を自らの音世界に取り込んでみせ、クリエイティヴなアイデアを開かれた演奏によって育みながら、パフォーマンスのステージで独創的に振る舞う。彼らは他とは違う独自の到達点を目指して努力を重ね、その演奏はメロディとノイズ、アンビエントなグルーヴと抽象的なテクスチャーの間を自在に動き回り、相反する形の世界観を融合させて行く。三人はこれまでヨーロッパ中を周り、教会の音楽祭からマドリッドにあるタバコ会社の廃墟、アート・ギャラリー、ドイツやイギリスの即興クラブ、アムステルダムやマラガのスクワット、コンサート・ホール、ジャズ・フェスティバル、カディスにあるフラメンコ・クラブまでありとあらゆる場所でライヴを行い、ノルウェーの西海岸で130を超えるスクール・コンサートにも出演している。

「音楽は実験的で、インスピレーション源はさまざまだ――アコースティックもエレクトリックも、ロック、ジャズ、そしてノイズまでも...」-『Jazznytt』

「彼らが追求するのは、絶え間なく続くトライバル・メタリックなドラミング、激しくディストーションをかけたファンキーなギター・アクロバティック、そして絶妙にノイジーなアンビエント・グルーヴだ。それでいて、すべてが自然とひとつの音楽的球体の中にまとまっていくように聞こえる... 独特で、大胆不敵な音楽だ」- allaboutjazz.com

「どこか、スコーチ・トリオやスーパーサイレントが頭をやられたレイヴァーのためにダンス・チューンを鳴らしているようにも聞こえる... ノイズ・ファンクと呼んでもいいだろう」-『Jazzwise』誌

THE LUNARIANS http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians
大分県別府市在住のフェイクロックバンド Ueno ryosuke(Violin&Sax.etc) Ishida Takefumi(Gu&Sax) Takunu Ono(Organ&Piano) Goto Genki(Bass) Hayashi Yusuke(Dr)

ジャンル : Jazz, Rock, etc...  内容 : LIVE


*イベント情報 *レコメンドイベント *スタッフブログ *クラブ等会場情報 *当サイトについて *イベントリポ *ボランティアスタッフ募集 *スマフォからの閲覧解説 *携帯から閲覧 *Facebookページ *Twitter *mixiページ *T-shirts *イベント情報無料掲載依頼フォーム *イベント情報無料掲載依頼メール