What's new!
新型コロナ対策に伴い、イベントの開催延期や中止が相次いでいます。最新情報は各イベント主催者のSNS等でご確認下さい。

2020.11.23 ブログ(外部サイト sc-recs)追加, ピックアップイベント情報更新
2020.11.20 週末開催予定イベントまとめ(外部サイト sc-recs) + イベント情報 + ゲストイベント情報追加
イベントリポ, DJ機材・プレス情報, インタビュー, 九州クラブ・レコードショップ情報等随時更新中♪
※合同写真展参加希望の方はこちらからご応募・お問合せください。
※お仕事依頼、ご相談などはこちら!

2015年7月28日火曜日

オーディオフォーマット「Stems」2015年8月から利用開始!


Native Instrumentsが開発した、様々なソフトウェアやデバイスで使用可能なオーディオフォーマット Stemsについて、2015年8月から利用可能と正式にアナウンスされました。制作した楽曲をStemsファイルとしてコンバートできる無償のStem クリエーター・ツールは、2015年夏よりStems ウェブサイトより無償でダウンロード可能で、TRAKTORでは同じく夏にアップデートされるTRAKTOR 2.9から対応との事です。

これからのDJは、Native instrumentsの紹介サイトにあるように、それぞれのStem パートをミックスすることで簡単にトラックの編集を行えたり、マッシュアップやアカペラもすぐに作れるわけです。従来のEQやフェーダーを使ったDJのプレイに加えて、今までまで調整不可能だったマルチチャンネルのミキシングが可能になり、アカペラやインストを必要路しなくなるでしょう。DJの定義が塗り替えられ、リアルタイムで作業するリミキサーのようなプレイが可能になります。

また、音楽業界全体にとって有益になるよう、Stemsはオープン・フォーマットとして開発されていて、 DJやプロデューサーは無償のStem クリエーター・ツールを使って自分のStem ファイルを作ることができるようになります。ソフトウェアやハードウェアの開発者の方々には、将来の音楽制作ツールやパフォーマンスツールの開発に向け、Stemsのプログラムコードやスペックへのアクセスが可能になります。

この事は音楽レーベルや音楽ダウンロードストアにとっての新たなビジネスチャンスともなるでしょう。従来の楽曲の再発売のニーズもあるでしょうし、これから先の新譜のニーズもあるはずです。誰でも制作、演奏、流通させる事が可能で、すでに数百のレーベルがStemsにサインしたとの発表もあります。


[Stemの特徴まとめ]
◼︎Stemファイルはオープン・フォーマットかつマルチ・チャンネルのオーディオファイル。
◼︎Stemsはmp4に5つのステレオトラック(例 : ベース・ドラム・ボーカル・シンセ・全部をまとめた通常のものの5トラック)を格納したマルチトラックのオーディオファイルで、対応予定のTraktorなどの専用ソフトで展開可能で、それぞれ独立した操作が可能。
※Stemsは前述どおりmp4の拡張フォーマットなので、iTunesやCDJなどのステレオからは通常の音楽として再生されます。

DJ プレイの幅を広げるStems、リリースが楽しみです!

イベント・パーティー情報 ★オススメイベント ★スタッフブログ ★クラブ等会場情報 ★イベントフォト ★イベントリポ+スナップ ★掲載依頼 ★スタッフ募集 ★当サイトについて ★スマフォからの閲覧について ★スマフォ以外の携帯からの閲覧はこちらから ★mixiページはこちら! ★T-shirtsはこちら [無料]メールからのイベント情報掲載依頼はここをクリック